太めのシャーペンを選ぶならこれだ!

文房具
この記事は約5分で読めます。

【概要】資格試験の解答用紙がマークシートの場合、太めのシャーペンがあれば塗りやすいです。マークシート用のおすすめのシャーペンベスト3。「持ちやすさ」と「塗りやすさ」で検討してみました。



相談者
相談者

今週末、資格の試験なんです。

所長
所長

がんばっていますね。

相談者
相談者

いまだに会場テストで、しかもマークシートなんです。
このマークシートを塗るのがどうも苦手でして。

所長
所長

鉛筆派ですか?
それとも太シャーペン派です?

相談者
相談者

フトシャーペン?

所長
所長

あ、「太い芯のシャーペン」のことです。

相談者
相談者

オレ、それ、ほしい!

所長
所長

いや、えーっと。
(この人、なんで、毎回、外国人みたいな話し方になるんだろう……)

相談者
相談者

細めのシャーペンで0.3mm。
そして、今回、フトシャーペンを使いこなすオレ。
やばい。試験、受かりそうな気がしてきた。

所長
所長

そ、それでは、実際に使ってみたシャーペンの中で、おすすめをいくつか紹介しますね。



太シャーペンと細シャーペンの使い分け

最近では、パソコンを使った試験CBT(Computer Based Testing)が多くなってきました。

しかし、いまもマークシートの試験は多くあります。

マークシートとしては、鉛筆派かシャーペン派に分かれるのですが、鉛筆の場合は、先がどんどん丸まってしまうので、マークシートの解答数が多くなると、どんどん鉛筆をトッカエヒッカエで交換しないといけないです。

そこで、この用途でのシャーペンが開発されていったようです。

しかし、一時期は太い芯のシャーペンが多く開発されていましたが、いまは、細い芯のシャーペンを売れるようになっており、その結果、これからご紹介する商品も、昔懐かしで、見たこと使ったことのある方も多いかと思います。

 

 

それでは、ランキングをご紹介!

まずは、第3位!

第3位「北星鉛筆社製 『大人の鉛筆 B/2mm 芯削りセット OTP-680NST』 」

created by Rinker
¥598(2021/01/26 14:01:43時点 楽天市場調べ-詳細)

えんぴつです。どう見てもえんぴつ。

しかも、専用の鉛筆削りがあり、これで芯を削るのが、えらい気持ち良い感触なんです。

ただ、「芯が丸まると、芯を削らないといけないなら別に鉛筆でいいじゃん」という突っ込みを受けるとなんとも言い返せないので、第3位としました。

また、芯削りがあるものの、それを失くしてしまうとかえって鉛筆より困るんです。鉛筆削りは100円ショップで売っていますが、その専用芯削りはそういうわけにはいきません。

【メリット】
 ・鉛筆より若干重いので、その重心を活かすとマークシートを塗りやすい

【デメリット】
 ・専用の芯削りがあるものの、それをなくすと大いに困る

 

 

 

 

続いては、第2位!

第2位「オート社製 『シャーペン 木軸 消しゴム付 2.0 ナチュラル APS-680E-NT』 」

created by Rinker
¥748(2021/01/26 14:01:44時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらは、やや太めでえんぴつより断然持ちやすいです。

大人でも子供でもおねーさんでもおにーさんでも、もちやすいグリップ。

考えて開発してるなーって思います。

さらに、5色もラインナップがあり、選べるのがうれしいところです。

 

しかも、消しゴム付き。これはポイント高いです。

だって、たかが消しゴムですが、されど消しゴム。試験中に、消しゴムを落としてしまっても、この鉛筆の消しゴムを使えばいいのですから。

 

ただ。

ただですね、マークシート用紙との相性があんまりよくないかもしれません。

良く消えやすいというか、新品状態だと良いのですが、消しゴムがむき出しなので、劣化すると消えにくくなるんです。

この消しゴムについては、消しゴム付き鉛筆と同じように考えていると、少し残念に感じるかもしれません。

【メリット】
 ・太さが最高。「消しゴム付き鉛筆」を真似たシャーペンじゃない。

【デメリット】
 ・消しゴムについてはもう少し研究が必要かも。

 

 

 

そして、おまたせしました。第1位!

第1位「ステッドラー社製 『シャーペン 1.3mm イエロー 771』 」

これ、昔からずっと使っていたのですが、最近、いつの間にかホワイトも出ていたんですね。

グリップは太さ、疲れにくさがダントツのナンバー1です。

しかも、消しゴムが収納できるタイプ。

いろんなメーカーのいいところを研究しているなぁと思います。

 

試験の時は、0.3mmのシャーペンで解き、消しゴムとして、これを使う。

あるいは、試験の時に、0.3mmのシャーペンで解き、解答時に、これを使う。

つまり、消しゴムペンとしても太シャーペンとしても、それぞれの機能が独立しているのです。

消しゴムとしてひっくり返して使うと、ちょっとだけ、クリップ部分がジャマだけど、でも、クリップ部分を下にして持てばあんまり気にならないです。(第2位のオート社製のシャーペンみたいに、クリップはそもそもいらないようにも思いますが。)

【メリット】
 ・「握りやすさ」、「疲れにくさ」がダントツ!

【デメリット】
 ・消しゴムとして使うとき、クリップ部分がジャマかも。

 ちなみに、色ですが、イエローをお勧めします。

 筆箱や机の上にある複数の文房具の中で、黄色だと、パッと見つかりやすいんです。

 

 

 

はい、いかがでしたか?

文房具って、本当に奥深いですね。

それでは、次回をご期待ください。

さよなら、さよなら、さよなら。

タイトルとURLをコピーしました