結局、KDDI au の新ブランド「povo」は他より500円安い。でも、「povo」にしない理由。

デジタルグッズ
この記事は約3分で読めます。

【概要】本日、KDDI auが新ブランド「povo」を発表しました。DocomoとSoftbankに遅れて3社のうち最後の発表。前日にリークされたのが「月額2480円で20GB」。「5分通話し放題」なしプランだろうと皆が予想した通りの結果でした。



相談者
相談者

KDDI auが発表した「povo」ですが、「ポボ」って読むと思ったら、「ポヴォ」なんですって。
この段階でブランドとして終わっていると思うのですが。

所長
所長

いや、えーっと。

相談者
相談者

それ以外はちょっと魅力的でした。
元々、データだけ。通話なんてほとんどしないですから。
DocomoとSoftbankの「5分通話し放題」なんて余計なオプションだったし。

所長
所長

そう考えると、「5分通話し放題」をはじめからオプションにするのは賢いですね。
あ、オプションじゃなくて、「トッピング」でしたね。

相談者
相談者

トッピングはいつでも1日でもオンオフ可能。
これは魅力的ですが、おそらく「解除忘れ」を狙っているのかな。
実際、忘れても、数百円ならいいかって思えちゃうし。

所長
所長

ただ、チリが積もればってことで、その数百円が収益源になるんでしょうね。



結局、KDDI auは他より500円安いってことで。

本日、

 KDDI auが新ブランド「povo」を発表

しました。

新発想の料金プラン「povo(ポヴォ)」誕生

 

「povo」は「ポヴォ」って発音するらしく、記者会見でKDDIの高橋社長は「パボ」って発音していたように聞こえていたから、あとから「ポヴォ」が正式と知って、まず、そこが残念に感じました。

 

新ブランド名として、誰もが読める「ahamo」の方が世の浸透性を考えると、さすがDocomoだなと感じます。イラストが「amazon」っぽかったりと、結構、話題性もありましたし。

「povo」はその由来も読み方も日本人的というか、うーん。

 

結局、

 auは他より500円安い

ってことなんですが、

 Docomoやソフトバンクのように「5分間通話し放題」が標準搭載されていないだけ

というのは、考えたなぁと思います。

Docomo(ahamo)とソフトバングのサービスについて、

本当は5分間通話し放題はいらないんだけど、まぁ、安いしいいか

と考えていた人は比較的多くいたと思います。

自分も現在のプランは「通話し放題」プランは入っていないので、そのように考えていました。

実際、

 電話がかかってくることはあっても、電話はしないし、してもLINE通話のみ

って人は多くいると思います。

 

その人に対して、今回の「povo」のサービスは刺さったはずです。自分もそうでしたし。

 

 

それでも、ahamoやめて、povoにならない理由

povoには期待しているのですが、現在のところ、Docomoのahamoにするつもりです。

というのは、

 povoは、シンガポールのCircles Life社との協業

になるそうです。ここで、

「え?」

と不安になりました。

「povoってシンガポールの会社に丸投げするの?」という解釈をしてしまったのです。

 

実は、自宅近くが田舎なのか、au回線がつながらないところが割とあります。

そういう状態がauでも改善していないのに、povoで通信が不安定な場合、

 Circles Life社が解決できる訳ないじゃん

って思ってしまったんです。

なので、逆に、

 ・Docomoのahamoはauのpovoより500円高い

 ・だけど、それは「通信回線の信頼オプション500円」だ

って考えるようにしました。

タイトルとURLをコピーしました